舛添さんのことより、日本が大変です! ~トップの天中殺現象はこれから始まる~

朝も、昼も、夕方も、どの情報番組も舛添さんの話題ばかりです。もし、舛添さんが辞任に追い込まれたら、算命学(さんめいがく)的に心配なのは……。誰がトップになるか!ということなのです。

実は、今年、来年と、日本は運気があまりよくありません。

日本の運気……なんてあるんですか?と驚かれるかもしれませんが、人間と同じで、ちゃんと誕生日があって、算命学(さんめいがく)で算出すると、ちゃんと星が出てくるのです。

今は、天中殺(てんちゅうさつ)という時期の中にいるんです。

算命学(さんめいがく)を少しかじってご存じの方なら、天中殺(てんちゅうさつ)がどういう時期なのかをご存じですよね?

そう、自分の思い通りにいかない時期なんです。

ということは、今年と来年は、日本は思い通りにいかないかな?って予測できるわけなんです。

例えば、日本は今、あのギリシャ危機のギリシャを抜いて、ダントツ借金大国No.1なんだそうです。借金を返さなければいけないどころか、どんどん借金が増えていくなんてこともあるかもしれません。何で借金が増えていくのかというと、地震とか怖いですよね。東北に、熊本に、次は……、だってあり得るかもしれません。天中殺(てんちゅうさつ)って、自然界の法則ですから、相手を選ばず、相手がどんな苦しい状況にても容赦しないんですよね。

更に、日本のトップ、安倍首相も、天中殺(てんちゅうさつ)なのです。何を試みても、空回りするどころか、対外的にもアメリカの思い通りにされてなんてこともあるかもしれません。

国も、会社も、家族も、トップが、家族は家長ですね、天中殺(てんちゅうさつ)というのは、トップの下にいる人も影響を受けないわけにはいきません。

日本の財政が厳しいということは、その財政を埋めるのは、日本国民ですからね。消費税が上がるのは、時間の問題でしょう。税金の取り立ても、最近は、すごい厳しいらしいです。

だから、舛添さんを辞任させるさせないの前に、次は、誰が、日本を救ってくれるのか、救世主に適任な人がいるのかを探してほしいですね。

どうしよう、天中殺(てんちゅうさつ)の人が、都知事になるようなことがあったら……。

こういう運気の悪いときって、舛添さんのほうがよかった……みたいな人が、なったりするんですよ。

幸せ処方箋with 算命学

ビジネス本・恋愛本・ハウツー本には書かれていない算命学(さんめいがく)が贈る世界にたった一つしかないあなただけの幸せ処方せん

050-3707-1828
営業時間:9:00 ~ 20:00 (平日)

メールフォームからの鑑定のご依頼
メールフォームからのお問い合わせ