1年1年、通る道が違う ~なんだか絶不調!の時は、算命学ではこう考える~

毎年、人それぞれ、いろいろな1年を経験すると思うんです。

何でこんなに順調なの?というくらいスムーズに物事が進む1年もあれば、一生懸命、取り組んでやるには、思い通りに進まなくてイライラが募る1年だったり、体調を崩してずっと寝てばかりいたなんて1年もあるかもしれません。

ご相談に来られる方に、

「今年はよい年ですか? 悪い年ですか?」

と、よく聞かれます。算命学(さんめいがく)的に見て、「よい悪い」という言い方はしませんが、あえて言うのなら、大きく分けて、楽な1年、苦労する1年というのはあります。

楽な1年というのは、苦労せず、物事がスムーズに進む年です。積み重ねたことがあれば、努力が実ることもあるでしょう。

一方、苦労する年は、がんばりすぎて体調を崩してしまったりとか、やることはたくさんあってもやる気が起きないとか、目標通りに進まなくていらいらが多くなったりとか、将来のことが不安になって、目の前のことに集中できないとか……、前進できません。

自転車で道を走ることに例えてみましょう。

michi

 

楽な1年は、なだからな坂道を、ペダルから足を外して、足をハの字に広げて降りていく感じです。楽ですよね。こがなくてもいいんですから。

苦労する1年というのは、でこぼこ道を走らなければいけなかったり、坂道を登らなければいかなかったり、もっと大変な年は、でこぼこの坂道を登らなければいけなかったり、錆びた自転車で坂道を登らなければいけない1年もあります。

毎年、皆、平等に、いろいろな道を通らなければいけません。

楽なのは、なだらかな坂道ですが、人間が成長するのは、でこぼこ道や坂道を登ったり……、大変な道を通らなければいけない時なんですよね。

思い通りにいかないから、焦ったり、不安になったり、誰かに嫉妬したり、落ち込んだり……。でも、こういうしんどい時って、上に這い上がろうとして、前進するための方法を必死に考えるでしょう? どうしてだめなんだろう?ていろいろ考えたり、本を読んだり、いろいろな方法を試したり、人に聞いたり、それはそれは、多くのことを学ぶと思うんです。

目に見える形で前進してないものだから、焦ったり不安なのは変わらないだろうけど、翌年になってみてごらんなさい。きっとなだらかな道の上に立ってますから。

思い通りにいかなくて右往左往したり、試行錯誤したことは、すぐに結果はでないんです。

大切なのは、いろいろな意味で思い通りにいかない時に、いじけたり、あきらめたりしないこと。

人生は、バイオリズムですから。落ちれば、必ず上がります。今は不安でも、焦っても、未来を信じて、今できることをこつこつ積み重ねていきましょう。

今、できることでいいんです。

私もコツコツ、コツコツ生きていきます。

幸せ処方箋with 算命学

ビジネス本・恋愛本・ハウツー本には書かれていない算命学(さんめいがく)が贈る世界にたった一つしかないあなただけの幸せ処方せん

050-3707-1828
営業時間:9:00 ~ 20:00 (平日)

メールフォームからの鑑定のご依頼
メールフォームからのお問い合わせ