2016アメリカの大統領はどちらがなっても怖い! ヒラリーさんVSトランプ氏

アメリカ大統領選が迫っています。

どちらが大統領になっても、すっごく怖いんですけど……。

アメリカでは大統領がトップですけど、世の中にはいろいろなトップがあります。

家では働き頭のお父さん(お母さんでもいいですよ)、会社では社長、東京では都知事、日本では総理大臣です。トップというのは、船でいう船長のような役割をします。タイタニック号ではないですが、船が大きく、船員の数が多ければ多いほど、船員の命を守らなければいけない責任も大きくなります。航海の途中、どんな天候であろうと、船が故障しようとも、船員を無事に目的地まで運ばなければいけない役割があるのです。

算命学(さんめいがく)の世界では、トップの運気を重要視します。トップの運気が悪い時は、会社の業績が悪いなんていうこともよくあります。子供が登校拒否でなんていう場合も、お父様の運気が影響してたりすることもよくあるくらい、トップの運気をまず見ます。

wave

算命学(さんめいがく)的にですが、資質的には、どちらが実行力があるかというと、ヒラリーさんのほうがあります。でも、トランプさんのほうが、大きな理想を掲げて、大衆を惹き込むのが上手です。

hirari

自然界の姿に例えると、トランプ氏さんは、大地です。ヒラリーさんは、山です。どちらが国民に人気があると思いますか? それは大地です。大地、つまり畑であったり田んぼだったり、低地なわけです。大衆と同じとこに立っているわけです。すぐ行けば会える人です。手を伸ばせば手に入りそうな人ということで、芸能人なんかには、この己(き)=大地を持っている人は多いです。戊(ぼ=山)は、高いですから、登らないと会えませんから、ちょっと近寄りがたいんです。クラスで言えば、高嶺の花タイプです。

だからトランプ氏さんは、ヒラリーさんより、中間層の、貧困層の不平不満を代弁するのが上手ですよね。火に囲まれた大地ですから、熱いんです。情熱的なんです。煽動力のようなものがあるんですよね。独裁者なんて言われていますが、その通りです。

ヒラリーさんの方が、冷静ですね。

では、運気がいいのは、どちらでしょう。それは、トランプ氏さんです。

 

daiun

現在、70歳ですが、運気がとてもいいのです。大運天中殺という、特別な運気に入っています。航海に例えるなら、波の荒い大海原を航海する感じです。おだやかな海でしたら遠くまで行けないですが、波が荒ければ、遥か彼方まで行ける可能性があります。その代わり、海に放り出され、溺れてしまうこともあるのです。そんな大冒険的な運気の中にいるのです。

実業界で有名でも政治経験がないのに大健闘してるのは、特別な運気の中にいるからなのかもしれません。

アメリカでは、初の女性大統領誕生か、それとも異端児の大統領が誕生かなんて言われているようですが、算命学(さんめいがく)を勉強している私にとっては、運気の強いトランプ氏さんが勝つのか、実力のあるヒラリーさんが勝つのかなんていう見方もしてしまうのです。

でも、この比較、あくまでも実力が同じくらいの2人を比較するならの仮定です。だって、全く勉強していない人に、どんなにいい運気が来たって、一流大学に合格できるかっていうと、それは無理だと思うんですよ。

%e5%ae%9f%e5%8a%9b%e2%91%a1

 

図のように、実力に差のないAさん、Bさん、どちらが勝利するかと比較した場合だったら、運のいい方が勝利する!と予測することができるのです。

トランプ氏さんが、ちょっと形勢不利になってきたので、じゃあ、ヒラリーさんがいいかしら?

と思いたのですが、実は、ヒラリーさん、

%e3%83%92%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%81%95%e3%82%93

天中殺なのです!!!

日本の総理も天中殺、ヒラリーさんも天中殺となると、世界はどうなるんでしょうか……。そう、ヒラリーさん、トランプ氏さん、どちらが大統領になっても怖いのです。

幸せ処方箋with 算命学

ビジネス本・恋愛本・ハウツー本には書かれていない算命学(さんめいがく)が贈る世界にたった一つしかないあなただけの幸せ処方せん

050-3707-1828
営業時間:9:00 ~ 20:00 (平日)

メールフォームからの鑑定のご依頼
メールフォームからのお問い合わせ