相談としての側面もある占い|占い無料情報サイト

相談としての側面もある占い

占いには多くの形式があり、近年ではインターネットを利用したメール鑑定や、電話による鑑定などもありますが、昔ながらの対面式の鑑定も依然として広く支持されています。

この形式は、占い師が持つ第六感、霊感のようなものがより働きやすく、精度の高い鑑定結果が期待できるとされるため、重要な決定には実際に会っての鑑定を希望する、という人も多く存在します。

この様な理由の他に、占いの時間が相談のような性質を兼ねている、という考え方もできます。基本的には、カードを使用したり、星の位置などから判断するなど、特定の悩みに対してそれぞれの手法を用いて結論を導き出すというのが基本になります。

それとは別の面として、根本的な生き方や物の考え方を見つめ直し、そこにある不都合を取り除く、またはよりカジュアルな形として、日常の悩みを聞いてもらいたい、愚痴を吐き出したいといった、隠された要望を持った客も少なからずいます。

占い師の中には、客に対して厳しい口調で叱るようなスタンスで進行していく人もいて、このスタイルを求める客から厚い人気を得ているというケースも見られます。

これは、日常生活の中で、自分の本音を話せる相手がいない、気兼ねなく辛辣な意見を言ってくれる相手を求めている、などといった、現代社会が抱える問題を背景とした現象です。

占いに相談としての側面があり、占い師もそれを踏まえて鑑定結果にこの様なやり取りを交え、それぞれのスタイルで会話を進行していく、というのも、主流のひとつとなっています。

鑑定内容と、話を聞いてもらえた、心の内を洗いざらい吐き出すことができたという爽快感、その両方が、満足感として客にもたらされることになります。