タロットカードで相性占い、良いカードや位置

タロットカードを使って相手との相性を占うことが可能です。霊感や霊視能力、チャネリング能力のない人でも使いこなせば、相性占いが出来ます。カードは大アルカナ22枚で見ることが可能になりますが、少アルカナを混ぜるとややこしくなり、ビギナーでは使いこなすのは難しいでしょう。始めは22枚のカードを使うべきです。

良い意味があるカードは

〇ナンバー7の「恋人」です。正位置なら相性は最高に近く恋愛に発展する可能性を意味します。しかし、逆位置だと不倫や三角関係、疑念などの良くない意味があるのが問題点です。スタースプレッドを用いて6番目に正位置でナンバー7の「恋人」が出た場合は、占った相手との相性は期待できます。

〇ナンバー17の「星」の正位置も非常に良い意味を持ちます。希望や理想的な相手、明るい兆しや奇跡を意味しますが、逆位置だと失望、混乱や悲観、先が真っ暗などの消極的な面が特徴的です。スタースプレッドの6番目に正位置で出た時はナンバー7ほどではないですが、期待できます。逆位置が出た時は潔く諦めるべきです。もしも不安ならば、もう一度占ってみると確実性が出てくるでしょう。正しいやり方で占えば全く同じ位置に同じカードが出てくるか、意味が近いカードが出てくる可能性が高いと言えます。二回もそのような様子が確認できた場合は、諦める必要があります。

〇ナンバー21の「世界」、正位置はナンバー7よりも良いでしょう。完成や完全調和、幸せな結婚や友好関係を意味します。異性を占って「世界」の正位置が出たなら、積極的に関わると良いと言えます。しかし、逆位置だと微妙な意味になってしまいますが、他と比較するとマシと言えます。未完成や中途半端などの意味が特徴的です。