人間関係に関する占いの当たり具合|占い無料情報サイト

人間関係に関する占いの当たり具合

占いは信じる人と信じない人、そして場合によって信じるとか、良いことだけを信じると言った具合に人それぞれ様々な受け止め方が普通です。

では、占いはいい加減な推量かというと、そうではなく、どのような占いにもそれなりの根拠があります。生年月日とか、星座とか、もともとのデータは異なりますが、多くは宇宙の神秘とか、太陽の周期とか、人間が暮らしていることに大きな影響を与えるものからの推量ということですから、運命とか、運とか、相性と無関係ではないからです。

また、その多くはデータ処理に基づいた確率論も含まれているので、当たる確率は高くなるというわけです。ただ、占いは絶対的なものではないので、どのような場合も、断定できるものではなく、可能性が高いということにとどまります。

そして、その性質上、良い予測であれば、喜んではいいものの、手放しで喜ぶことなく、用心も必要ということになります。逆に、悪い予測であれば、慎重に対応するという警告ですから、それを踏まえて行動し、やがてやってくる良い機会に備えるということになります。

自然界に周期というものがあることからして、そういうことになります。人の成功や失敗、仕事の将来性、健康や病気、寿命などなど、あらゆることが同じような結果となります。

では、人間関係はというと、要素が一人から二人、場合によるともっと多くの人が対象となるので、予測は複雑になることは確かですが、前述した良否の予測と大筋では変わりはないとということが言えます。

つまり、良い予測の場合は、喜んでも良いが有頂天にならないで、締めるところは締め、悪い予測の場合は、悲しんでもいいが落胆し過ぎないで、局面打開に努力するということが大切だということです。

要するに、占いの当り外れで、一喜一憂するのではなく、もう一人の自分を大切にするような気持ちで、占いの結果を受け止めるということが肝心だということです。