気になる相手を占いで見てみる

良く恋愛相手を探すために占いを用いる方がいます。何歳までに結婚するとか、何時何時までに彼氏彼女ができるとかが例として挙げられます。恋人になったり、結婚したりするというのは縁の物なので、なるようにしかならないです。

それに大抵の場合、相手を気になっている時点で自分の中の答えは出ているはずです。その為、占いというものは自分を後押しするために用いる一つの手段となっているのが現状です。逆に言えばそれ以外に占いを用いることはあまり意味が無いです。

占い師は気になる相手本人ではないのです。占い師は何とでも相手の事を言えます。でも言ったことの責任は取ってはくれないです。気になる相手と直接話をして、聞きたいことを聞いてみた方が確実です。生年月日や手相などからはその人柄は絶対に分からないです。

想像で物事を判断することの意味の無さを理解できる程度の頭は持っておくべきです。血液型占いなどはその最たるものです。人間という存在は、行為そのものに対して何らかの意味を見出したがる動物であるという研究結果があります。

確かに、人間は占い等の行為に対してそれが真実であるかのような錯覚を起こしてしまう場合があります。しかしそれは自分に対してプラスに働くと考えられる結果に対してのみです。

反対に、もし気になる相手の事を悪く言われたらどのように行動するかといわれれば、答えは一つしかないです。良い結果を言ってもらえるまで、別の所を探しに行くが正解です。

ですから、結果に一喜一憂しすぎないことが重要です。どうせなら、気になる相手に近づく手段として占いを用いるのがBESTです。占ってあげるなどと言い、相手を自分のテリトリーに引きずり込むのです。そして最終的に自分に興味を持たせることが出来れば、勝利は目前です。