数秘術(カバラ)とは?

占いの中の1つで数秘術(カバラ)がありますが、もともと数秘術(カバラ)は英語でヌメロロジーと言い直訳すると数の学、あるいは数の論を意味しています。私は数秘術の事はあまり知りませんでしたが、知り合いのブロガーさんが数秘術を学んでおり色々とお伺いした事があります。

数の学である数秘術は、その基本原理として1つ1つの数には特別な意味があります。宇宙全てのものが数の法則によって秩序づけられて支配されているとも言われています。

従って数の法則に基づく事で、私達一人ひとりの運命や才能、使命や人生の意味など全てが明らかにできるとも言われています。主に生年月日などを利用して導き出しますが、基本原理と法則としては、全ての数を1から9までのルートナンバーへと還元します。

数秘術(カバラ)とは、1から9までの自然数が全ての基本の数字と考え、それぞれ固有の数秘術的な意味があります。例えば数字の1は独立やリーダーシップ、2は人間関係や協力、6は家族の力や家庭と仕事の問題、9は教えや完全性などがあります。

また、数秘術(カバラ)で特徴的な事は、二桁以上の自然数が全て1から9までのルートナンバーに関連して意味づけられます。

例えば14と言う数字は1と4に分解したり、1と4を加算したりします。たとえ大きな自然数であっても当てはめる事は可能になります。他にもローマ文字のアルファベットも数価をもっており、A~Iに数字9までが意味しておりJ~Rまでも同じ様に数価として考えていきます。

名前をローマ字で表してこれを数字に置き換えてその人の運勢を数秘術として考えていきます。この様に2つのルールが現在の数秘術(カバラ)の基本となりこれをベースに具体的に占っていきます。