ヒーリングとは?

ヒーリングはもともとは「healing」という言葉であり、癒すということを意味しています。このスペルをよく見ると、「heal」が素であり、健康を意味するヘルス「health」と語源が同じということに気が付きます。

ヒーリングは、人が健康な姿になるための治療方法の一つということが言えます。大きく分けると、スピリチュアル系と施術・体感系ということになります。

スピリチュアル系では、霊気という日本発祥の方法があります。宇宙のエネルギーに助けを借りて、手のひらで対象者や自分を癒すものとされています。外国でも知られており、臨床の現場でも活用されていることから普及し、日本に戻ってきて、また使われるようになったとも言われています。

手かざし療法と言われるものもあります。新興宗教などで使われる場合もありますが、日本では子供のころに親が痛い部分を手のひらでさすり痛さや苦痛を和らげたということからも、手のひらにエネルギーや気、あるいはプラーナというようなものが集まり癒す効果があるとされています。

セラピューティック・タッチという方法は、看護学校での授業でも取り扱われている治癒方法です。アメリカの心霊治療家と看護学部の教授が理論化したものとして知られています。

直接タッチする方法と手をかざすだけの方法があります。一方、中国では気功法として、瞑想、健康のための体操と呼吸法、イメージトレーニング、手かざしなど様々な発展形態があります。

施術・体感系ヒーリングとして、もっともポピュラーになってきたのが、アロマセラピーと言えます。その他にも、マッサージ、リフレクソロジー、針灸、温泉療法、音楽療法などもこのジャンルに入ります。

最近、様々な面で効果が認められるところから、ヒーリングに占いを結びつけることも行われていますが、しっかりした理論や裏付けがない場合には、注意が必要になります。

人気ワード

カテゴリ